So-net無料ブログ作成

映画「悪人」見てきました! [シネマ]

深津絵里さんが好きなので、モントリオール世界映画祭最優秀女優賞[ぴかぴか(新しい)]を獲得した彼女の演技がみたくなり、映画「悪人」を観てきました。

「悪人」より.jpg

 

原作は芥川賞作家で長崎県出身吉田修一さん

主演は日本外国特派員協会での記者会見で”優しい顔では悪人の役に説得力がなかったのでは?”と台湾人の記者さんからダメ出し(?)をされていた福岡県出身妻夫木聡さん

深津さんは大分県出身

他、光石 研さん、松尾スズキさんという出演陣は福岡県出身!(松尾さんの詐欺師っぷり、いいですよ[わーい(嬉しい顔)]

鑑賞する私も福岡県出身です[わーい(嬉しい顔)]と、いっても生まれただけで生活はしていないのですが、映画の中に出てくる博多弁、九州訛りは親戚のおばさま達が使うので懐かしい感じでした[かわいい]

被害者の父(柄本明さん)のいくつかの台詞は、胸に刻まれました。

映画の中に、何人か「悪人」が出てきたように思いましたが、客席にもいたかも・・・???

李相日監督の映像表現は毎回「さすが☆」と思っちゃいます。

終盤で妻夫木さんが”「悪人」で説得力が無いかも?”という台湾人の記者の方の言葉が思い出されましたが、今までとは違う妻夫木さんの演技も見られる作品だと思いました。

九州出身者や九州ファンの方には特に観ていただきたいです[映画]


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

小さい秋・・・みつからない!

毎年この時期になるとよく耳にする童謡♪サトウハチローさん作詞の「小さい秋[るんるん]

誰かさんが 誰かさんが 誰かさんが みつけた

小さい秋 小さい秋・・・♪

という歌詞は皆さんご存知ですよね?

秋.jpg

 

ところが、私と高校時代の友人”銀ちゃん”のあいだでは、

小さいアキ 小さいアキ 小さいアキ なんて いるわけない[グッド(上向き矢印)][るんるん]・・・となってしまうのです。

なぜなら、高校時代テニス部で同じコートで汗を流した仲間に「アキ」がいました。本名は明子(あきこ)。

色白で目がぱっちりした超美人[ぴかぴか(新しい)]髪の毛は染めてないのに明るい栗色で、本当にお人形さんの様に可愛いんです。

でも・・・

運動神経がいいからか、すっごくイイ身体してて[わーい(嬉しい顔)]

なんというか”丈夫そうな感じです。

背も高かったので、「小さい”アキ”なんていない」と、なるわけですが今あったら違うかな?

美人だから待ち合わせしてもすぐ気がつくかも!秋にアキに会いたくなりました[黒ハート]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

イチローのパワースポット?

シアトル・マリナーズのイチロー選手[野球]の活躍はうれしい限りですね[ハートたち(複数ハート)]

そのイチローが日本にいるときに足繁く通っていたというのが、愛知県豊川市の豊川稲荷

豊川閣.JPG

 

写真は本殿ですが、この先にある「奥の院」でよく手を合わせていたそうです。境内の方にたずねると、教えてくれます。

「イチローがよくおまいりしていたのはどこですか?」と尋ねられる人は多いようですよ。

豊川閣2.JPG

 

書院の屋根瓦を葺き替えに伴い、瓦に願い事をかいて奉納できたので私もご祈願してきました!

母や新規事業を始める友人の分も合わせて奉納[ぴかぴか(新しい)]

イチローの野球に対する姿勢をお手本に頑張りま~す[手(グー)]

            豊川稲荷 公式HP

         http://toyokawainari.jp/

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

まつたけの季節! [グルメ]

やっと秋らしい風が吹くようになりましたね。

店頭にも秋の味覚がそろい始め、うきうき[グッド(上向き矢印)]しています!

マツタケ.jpg
                 岩手産のまつたけ[ぴかぴか(新しい)]

 

マツタケ2.jpg

                  焼いて[黒ハート]

マツタケ3.jpg

                 土瓶蒸しで[黒ハート]

                     幸せ~[わーい(嬉しい顔)] 

 

 

 

 


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

”銀座のねずみ”エピソード

銀座の人気ママ[キスマーク]から聴いた話です。

そのママがまだ駆け出しの頃、当時勤めていたお店のママが、おつまみとして出したものの、お客様が手をつけなかった乾き物やお菓子などを処分せず、一つのカゴに入れてとっていたそうです。

何も知らない時は「ママって、ケチだなぁ。また明日もおつまみとしてお客様に出すつもりなんだわ[がく~(落胆した顔)]と思ったそうです。

ところが、ある日ママがお店を早退することになり「戸締まりだけはお願いね」とだけ託して帰宅。

すると翌日お店に行ったら、電話線は切断[雷](当時は黒電話[わーい(嬉しい顔)])、花は倒されてる、至る所に何かにかじられた痕跡[ちっ(怒った顔)]が!

それを見たママは「まぁ、いけないいけない[ふらふら]あなた達にお願いするの忘れちゃった!お客様が手をつけられなかったものは、捨てずにまとめて置いて帰ってほしかったの、ねずみちゃん達の”ごはん”だから!」と。

ねずみ.jpg

そのママ曰く、ねずみは商売繁盛の象徴なので代々大事にする(上手に付き合う)お店があるとか。

餌となるものを置いておくと、お客様がいらっしゃる時は絶対出てこないし、粗相もない・・・といわれているそうです。

電話線をかじられたりしたのは「なんで今日は”ごはん”が無いの?」というねずみ抗議のしるし[exclamation]だったんですね。

今はどうなのかわかりませんが、人とねずみが仲良く暮らしていた時もあったのかな?と思った、銀座のママのお話でした。

 

 

 


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。